Home > ギャラリー > 2020
ブログ更新情報
ブログを見る

携帯電話用QRコード

Fine arts school C&I 美術教室 ファインアーツスクールシーアイ モバイル

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

2020

【天乃寂大賞】

受賞理由・・・
最初に題名を見て衝撃を受けました。
小学生が普段使いに無いワードでした。
そして描かれている作品のほのぼのとした雰囲気のギャップに
ハートを掴まれてしまいました。
また本人の意思なのか?たまたまなのか?分かりませんが
何も塗り込まれていない余白が余韻として
活かされている様に思います。 [天]
『心臓の住民』 狗田鷹典(小学5年生)

部門大賞 【①テーマ「医療」の絵画部門】

受賞理由・・・
最初にこの作品を見て感じたのは「美しい!」です。
医療用具を巧みに使い、医者に模したところが卓越しています。
また、マスクが花器の様に見えるところも憎いですね。
『君へ』 河合琉平(大学2年生)

部門大賞 【②テーマ無し絵画部門】

受賞理由・・・
画材にも色々有ります。
中でも色鉛筆は、手軽さだったり
細かい所が塗り易いと言う点では、申し分ありません。
実際今回のコンクールにも色鉛筆がよく使用されていました。
しかし色鉛筆の難点としましては、色彩が弱く
発色も淡い為、どちらかと言うとコンクール作品には
不向きに感じます。
そんな中この作品は、他の作品と比べて力強さがあり
小学1年生とは思えないしっかりとした描写力を感じました。
『大きくなれ!』 浦嶋心結(小学1年生)

部門大賞 【③表現自由部門】

受賞理由・・・
どんな事にも言えますが
ある意味自由と言うのは不自由かもしれません。
その様な意味で③の表現自由部門は
一番難易度が高かった様に思います。
今回受賞した子の作品ですが
描く事・切る事・貼り付ける事を上手に取り入れ
画面全体をパステル調でまとめながら
中心に美味しそうなお弁当をはっきりと際立たせている所が
とてもバランス良い作品です。
『花見』 羽原実来(小学5年生)

2020 天乃寂大賞展 出品作品①-5

全国的に出されていました「緊急事態宣言」。
とても重苦しい期間ではありましたが、当スクールは
その期間中を利用して、とある宿題の様なモノを
ゴールデンウイーク明けに出していました。
それが当スクールによるコンクール【天乃寂大賞展】です。
はがきに絵を描いて送って頂こうと言う趣旨のモノでした。

 部門は3部門設けました。
  ①テーマ「医療」の絵画部門。②テーマ無し絵画部門。
  ③表現自由部門。のいずれかです。
  
  ①と②は、手描きによる作品です。画材は、基本自由です。
  ③は、CG・貼り絵・コラージュ・写真・書・詩etc. 
  平面作品で壊れない作品に限る。
  締め切りは、5月27日(水)必着でお願いしてありました。

そんな中に集まった53点の力作です。
是非ご高配を賜ります様、宜しくお願申し上げます。

2020 天乃寂大賞展 出品作品②-5

2020 天乃寂大賞展 出品作品③-5

2020 天乃寂大賞展 出品作品④-5

2020 天乃寂大賞展 出品作品⑤-5

【天乃寂大賞展】 総評

今回当スクールによるコンクール【天乃寂大賞展】を
開催したのですが、予想を上回る沢山の応募作品が集まり
企画する者としましては大変満足しています。
また集まった作品も年齢差(年中~90歳)がばらけており
審査するには悩みどころでしたが、一堂に集まった作品群を
見ますと改めて絵の素晴らしさを教えて頂けたと思っております。
今回出品して下さった皆様、有難う御座いました。
お問い合わせはこちら